外為取引の投資をする上での対象は各国それぞれの公式貨幣があげられます。公式貨幣についての知識を学習してみたいと考えています。・流通通貨には「基軸通貨」とよばれているものがございます。基軸通貨とは、決済そして金融商品の取引に際して主として利用される公式貨幣のことなのですが、現在は$(米ドル)です。往年は英ポンドについて基軸になる通貨でしたが終戦後はアメリカ合衆国ドルになったのです。・FXを活用して流通している公式貨幣の種類に関しては、他の外貨の投資に比べてみた時この上なく多いというのが特有性です。FX業者によって流通貨幣の種類に際しては違っていますが、20種類前後ある様子です。20種類の中でも動きが高い数値の公式通貨をメジャー通貨と言います。流動性が大きくなっているという意味は売買が多く行われておりまして、公式貨幣の売り買いたやすいという意味です。主とされている通貨には上の文で述べました基軸の通貨のアメリカ合衆国ドルに、¥(日本円)¥(円)、ユーロ(?)3つがあげられ世界三大通貨と称されております。英ポンド、豪ドル、カナダのドルなどが準メジャー通貨と表されています。流動性が少ない通貨はマイナー通貨と呼ばれて、経済大国に比べ国の勢力や経済に関するパワーが乏しい国での貨幣で、南アフリカランドやインドルピー、メキシコペソなどが主流の通貨は、売買している量があまたですというのもあって値の激動が横ばいで情報の数もたくさんあるそうです。マイナー通貨に関しては利息が高い価格な通貨が多いから、値動きがすごいとの事らしいです。値動きが激しいということは、多大な利益を受け取る絶好の機会があるのですが、好ましくない結果の可能性も大きいです。その上動きが少ない流通貨幣というのもあり事ですので決済したいと思った時として決済が不可能な状態になり得る事があるので気をつけましょう。何の通貨を選別するのかは、流通貨幣の特色をしっかりと検証してから実行する事は大切であるのではないかと思われます。