個人が破産を要請するまでの間は借金のある当事者に対しての電話使用の借金徴収と本人の自宅への訪問による返済要求は違反とはならないということになります。アーセナル

とくに、自己破産申請の事務手続きに入ってから請求までに無駄な手数がかかってしまった場合では債権保有者は集金をしてくる危険性が高くなります。美甘麗茶

債権者サイドとしては払込もしないまま自己破産といった法律上のプロセスもしないという状態であれば組織の中で処理を遂行することが不可能になるからです。チャップアップ

債権保持人の中では有資格者に連絡していないと知ると無理矢理な回収行為をしてくる債権者もあります。ゾンビ漫画 おすすめ

司法書士の人や弁護士法人に依頼したときには、各々の債権保有人は依頼人に関する直接取り立てをやることが認められません。フレキュレル

依頼を受けた司法書士の方それか弁護士の方は業務を受任したと記した書類を各取り立て屋に配達し各権利者がその通達を確認したとき負債者は取り立て企業による乱暴な徴集から自由になるということになります。

業者が勤務地や親の家へ行く収金は貸金業法規制法の条項で禁止となっています。

貸金業で登録してある業者であれば会社や実家へ訪れての返済請求はルールに反するのを理解しているので違法であると伝えればそういう取り立てを続けることはないと思います。

自己破産の申し立ての後は、申請人に向けての収金を含めて、あらゆる取り立ては禁止になります。

だから、返済要求はきれいさっぱりなくなることとなります。

とはいえ、ときどき禁止と知っていて連絡してくる取立人もいないとは言い切れません。

金貸しとして登録されている企業ならば、破産に関しての手続きの後の取り立てが法のガイドルールに違反するのを把握しているので、違反であると言ってしまえば、法外な集金をやり続けることはないと言えます。

けれど法外金融と言われている登録していない企業については範囲外で過激な返済請求などが理由の被害事例が増加し続けているのが現状です。

ブラック金融が業者の中にいる可能性がある際には必ず弁護士の会もしくは司法書士などの法律家に助けを求めるようにした方がいいといえます。