初心者向けの外為のテキストでは、「損が生まれた状況ではナンピン買いして、平均の買い付けコストを低くする事が出来る」と説明されていると思いますが実際はここには目に見えない危険が隠れています。愛され葉酸

はじめに、ナンピン買いの理屈に関して記述します。キャバクラドレス 激安通販

一例として1ドル100円でドルを買ったとします。モイストエンジェルスキンエッセンス

ドル買いですので円安ドル高に進むほど黒字が大きくなるわけですが反対に1ドルが95円までドル安に向ってしまったとします。オンラインカジノで稼ぐなら

このままの状態で所有し続けたら、損失が戻るためには円高になった分ドル高に向わなければなりません。登録販売者 28年度 試験日 大分

皆さん、マイナスは早急に回復したいと思うでしょう。

ここではじめに注文したのと同じだけのドルを、1ドルを95円でエントリーします。

そうしたら、ポジション全体の平均の買い付け価格は97円50銭まで下げることができます結果として、2.50円の幅で円安に推移すれば、損を回復する事ができます。

こういったことがナンピン買いの原理です。

このように、ナンピンの理屈を理解すると、「なるほど」という考えになるが、為替はそう容易には問屋を卸しません。

最初から、1ドル95円以下にならないとは、誰もわからないのである。

仮定として、為替相場が相当に強いドル安動向だとすると、1ドル=95円では止まることなく、一段のドル安が進む確率が高くなります。

97円50銭でナンピン買いをした時に、95円まで円高ドル安になったらナンピン買いを入れたポジションも、差損が生じてしまいます。

この状況では、一番初めに保有したポジションとあわせて更なる損が生まれます。

このように、ナンピンは大変です。

それならば、為替相場が自分の脚本とは逆向きにみるみる行ってしまった場合どんな方法で危険の確率を軽減すればいいのでしょうか。

ここで選択できる方法は2つ。

最初のひとつはあきらめて損を確定する事です。

もうひとつはその時に、自分か所有しているポジションを小さくする事で、もう一度為替が元のようになるのをひたすら待ち望むことです。

相当弱腰の対策だと考える投資家もいます。

しかし、自分が所有しているポジションに為替差損が出た時有効な手法はそれ以外にはありません。

勿論、理論としては、ナンピン買いを入れるという術も有効です。

しかしながらナンピン買いは損失を出している状態で、買いポジションを小さくするどころか反対にポジションを買い増していく方法です。

この対策では、危険性を避けることなど、どう頑張ってもやりようがないと考えるべきです。

ナンピンをしていけばやがては損失が回復するかもしれません。

けれども、それ以前にお金がショートしてしまうだろう。